ハイブリッド車 人気

ハイブリッド車とは

バッテリー

最近、話題に上がるハイブリッド車ですが、そもそもハイブリッド車とはどういった自動車なのでしょう。

 

ハイブリッド車とはエンジンにハイブリッド機構を備えた自動車の事を指します。

 

ハイブリッド機構とはガソリンで走る事も出来れば他の燃料、具体的には電池であったり燃料電池などで走るエンジン機構なのです

 

具体的に、ハイブリッド自動車はどういった局面でこの二つの燃料を使い分けているのかと言うと、まず特にガソリン車であれば燃費が必要になるのが走り始めなどです。

 

この局面にガソリンを使って走るのではなく、ハイブリッド機構により備えている電池や電気などを利用して走るようになっており、逆にそれほどガソリンを消費者無い高速移動時にガソリンを使うようにして使い分けをしているのです。

 

そのため、普通のガソリン車に比べて格段に燃費が良くなるという仕組みになっているのです。

 

ただし、確かに燃費をガソリンだけに絞ると燃費は向上した事になるのですが、他の燃料として電気や電池を使うものですから別の燃費も必要となってくるので、中にはトータルコストではガソリン車と変わらないハイブリッド車もあります。


ハイブリッド車の人気ランキング

バッテリー

今では、たくさんのメーカーから販売されるようになったハイブリッド車ですが、一体どういった自動車が人気なのでしょう。

 

今回は、簡単にメーカーとその車種によって1位からランク付けしてみたいと思います。

 

まず、第1位がホンダから販売されているハイブリッド車であるフィットが1位であるようです。
フィットはハイブリッド車でありながら価格が200万円以下とかなりの低価格を実現した自動車となっております。

 

第2位に来るのが同じくホンダから販売されているヴィゼルになります。
ヴィゼルは価格にして200万円以上するのですが、デザイン面でハイブリッド車にしてかなりいい評価を得ているようです。

 

第3位に来るのがトヨタから販売されているアクアになります。
アクアはコンパクトカーでかつハイブリッド車であるのもあってかなりの低燃費性を実現した自動車になります。
その燃費性はリッターあたり40kmも走れるという驚異そのものです。

 

第4位は初の量産型ハイブリッド車のプリウスが人気となっているようです。
プリウスはやはりこのクラスの自動車でありながらトータルコストで優れているというのが人気の理由であるようです。

 

ランキング

フィット

デザイン・走行性能・コストパフォーマンスに優れた自動車です。旋回性能が非常に高く、そのうえ馬力もあります。車内も広く荷物もたくさん入り5人乗りなのでファミリーにも人気です。

ヴィゼル

フィットをベースに開発された小型のクロスオーバーSUVです。クーペのようなフォルムとミニバンの使い勝手、そしてSUVの走りをもつ新しい車種です。

アクア

プリウスよりも低燃費を実現したコンパクトカーです。燃費にすぐれ、性能も高く安定した走りで小回りも利きます。ボディーカラーも豊富で外観のデザインもスポーティで魅力的です。

プリウス

トヨタ プリウス

ハイブリット車の代表的な車種です。
プリウス低速域ではエンジンが停止してモーター走行するため
通常のガソリン車に比べ走行音が小さく非常に静かです。

 

ライン

人気の車種について詳しく知りたい方はコチラへ

チェック人気車種の買取査定

ライン


ハイブリッド車の燃費ランキング

バッテリー

ハイブリッド車はやはり燃費が良くないと意味がありません。
では、その燃費でハイブリッド車をランキング付けするとどんな自動車がランクインするのでしょう。

 

まず、第1位がトヨタ自動車から製造販売されているアクアがランクインします。

 

アクアはリッターあたり40kmほど走行することができるようになっています。
ハイブリッド機構はもちろんですが小型自動車と言うのもあってこれほどの燃費を実現しているそうです。

 

そして第二位が同じくトヨタから販売されているプリウスになります。
プリウスはリッター38kmとアクアにも遜色ないほどの低燃費性を実現している自動車になります。

 

トヨタ自動車以外ではどういった自動車が燃費ランキングにランクインしているかと言うと、ホンダのインサイトが第3位としてランクインしています。

 

インサイトはリッターあたり36kmほど走れるようになっており、トヨタ車にも負けないほどの燃費を備えています。

 

以上が上から順にもっとも燃費の良い自動車になります。

 

燃費重視ならばこの三つの車種は必見でしょう。
もっとも、実際に走った時の実燃費は若干変わってくる可能性はありますので数値上の燃費をいつでも実現出来るというわけではありません。


ハイブリッド車のバッテリー上がりについて

バッテリー

ハイブリッド車は実は、バッテリーが上がりやすい自動車であるようです。

 

というのも、ハイブリッド車の備えているハイブリッド機構はガソリンのほかに別の燃料を使用して走るという仕組みになっているのですから、燃料の切り替えなどにバッテリーが必要となってくるのは言わずもがなです。

 

ハイブリッド車は走行すればするほど、ハイブリッド機構のバッテリーは劣化して行きます。

 

ですので、長く使いすぎるとだんだんとガソリン車とあまり変わらないような燃費になっていくのですね。

 

バッテリーの保証期間が過ぎれば、そろそろバッテリーも上がってくる時期とみなすべきでしょう。
ハイブリッド車ではハイブリッド機構のバッテリーが上がりやすいという欠点があるのですね。

 

こういう欠点もあってハイブリッド車はトータルコストで見ると下手すれば他の車種の自動車よりも燃費が悪くなるという可能性も持っているのです。

 

ハイブリッド車を選ぶ際には、こういったカタログスペックに現われないような性能にも気を配るべきなのです。

 

ハイブリッド車を購入の際にはこういった面にも気を受けましょう。


ハイブリッド車のバッテリー交換費用は?

バッテリー

ハイブリッド車のバッテリー交換費用ってあまり聞いたことがないですよね。
仮にあったとしても本当にその費用で済むのかどうかも怪しいものです。

 

そこで、ハイブリッド車のバッテリー交換を特にトヨタのプリウスを例にして述べていきましょう。

 

プリウスの初代目モデルは実はバッテリーの交換費用は無料でした。
これは初代目モデルが実験的なモデルもあったためです。

 

しかし、初代目モデルの無料交換は一回限りなのでそこは注意しましょう。

 

2代目プリウスのバッテリー交換費用は、大体20万円程度と言われているようです。
しかし、5年間で10万キロ内であれば保証が付いているのであまり交換したという実例は無いみたいですね。

 

現行の3代目モデルでは、15万円程度と言われているようです。
交換費用自体は13万円で済むみたいですがこれに加えて工賃も掛るので15万円であるようです。

 

しかし、こちらも5年間10万キロの保証が付いているので交換費用は実際にはかかりません。

 

プリウスの場合は保証が付いているので、あまり交換費用自体は実質的ンはかからないと見るべきでしょう。